おすすめ本

スタッフが選んだ今月のおすすめ本です。
今月のテーマは「アートの世界をのぞいてみよう」です。
お手に取って読んでみてください♪



『ふーってして』
松田 奈那子まつだ ななこ KADOKAWAかどかわ

きいろのいろみず、みどりのいろみず、むらさきのいろみず、ぽつぽつぽとぽと。
いろんないろみず、ふーってするとどうなるかな…?
おうちでもためしてみたくなる絵本です。



『はっぱ』
水野 政雄みずの まさお 小学館しょうがくかん

おおきいはっぱ、ちいさいはっぱ、いろんないろの、いろんなかたちのはっぱ。
くっつけて、かさねてはって、なにができるかな?
あきのおちばでつくってみましょう。



『サンカクさん』
マック・バーネット/ぶん ジョン・クラッセン/え   長谷川 義史はせがわ よしふみ/やく クレヨンハウス

サンカクさん、ともだちのシカクさんにわるさをしにでかけていきます。
「みててみ、おもしろいことになるで…」
わるさをしたあと「おこらんといてえな」なんてじつはなかよしなふたり?
長谷川義史はせがわよしふみさんのおおさかべんやくがおはなしにぴったりな絵本です。



『びじゅつかんへいこう』
ピーター・レイノルズ/え スーザン・ベルデ/ぶん なかがわ ちひろ/やく 国土社こくどしゃ

びじゅつかんって、いったことありますか?
おどりたくなる絵、くるくるまわりたくなる絵、悲しくなる絵、おなかがすく絵。
びじゅつかんにはいろんな絵があります。
よんでいると、びじゅつかんに行きたくなってくる絵本です。



視覚しかくミステリーえほん』
ウォルター・ウィック/さく 林田 康一はやしだ こういち/やく あすなろ書房しょぼう

トリックアート、錯覚さっかく、ということばをきいたことはありますか?
へっこんでいたものがもりあがってみえたり、ふしぎなねじれかたのさんかくけいがあったり…
そのふしぎのひみつは、視覚しかくにあります。
この本をよんで、いろいろな錯覚さっかくのなぞをときあかしましょう。



予約・検索 過去