おすすめ本

スタッフが選んだ今月のおすすめ本です。
今月のテーマはアルツハイマー月間に合わせ「おじいちゃん おばあちゃんを知ろう」です。
お手に取って読んでみてください♪


『おじいちゃん、おぼえてる?』 (絵本)
フィル・カミングス/さく オーウェン・スワン/え 福本 友美子ふくもと ゆみこ/やく 光村教育図書みつむらきょういくとしょ

おすすめ年齢:小学校低学年
認知症にんちしょうのおじいちゃんのおみまいにいく ジョージー。じぶんのことを わすれてしまったおじいちゃんに
「わたしのこと おぼえてる?」とききますが へんじがありません。
むかし しんぶんぼうしをつくってくれたので またつくろうと さそいます。
おじいちゃんに やさしくよりそっている おはなしです。



『ばあばは、だいじょうぶ』 (絵本)
楠 章子くすのき あきこ/ぶん いしい つとむ/え 童心社どうしんしゃ

おすすめ年齢:小学校低学年
つばさは ばあばが だいすき。さかあがりができなくても「つばさは、だいじょうぶだよ」っていってくれる。
そんなばあばが、「わすれてしまう」びょうきになってしまいます。「なるべく ばあばといっしょにいてね」と
ママにいわれるけど、ばあばのへやにいかなくなってしまったつばさ。あるひ、ばあばが くつもはかずに
いなくなってしまい、いままでやさしくしてこなかったじぶんにきづきます。



『むねとんとん』 (絵本)
さえぐさ ひろこ/さく 松成 真理子まつなり まりこ/え 小峰書店こみねしょてん

おすすめ年齢:小学校低学年
ひとりでくらしていたおばあちゃんは、ずいぶんとしをとって、ものわすれもおおくなったので、くまくんたちと
いっしょにくらすことになりました。かわまでのみちに、めじるしのかざぐるまをきにつけ、
かざぐるまのみちをつくったくまくんたち。しかし、かざぐるまのみちをつくったことをすっかりわすれて
しまっているおばあちゃん。くまくんは「おばあちゃんのわすれんぼう」といってそとへとびだしてしまいます。



『テッドがおばあちゃんをつけたよる』 (読み物)
ペグ・ケレット/さく スカイエマ/え  吉上 恭太よしがみ きょうた/やく 徳間書店とくましょてん

おすすめ年齢:小学校・中高学年
留守番るすばんをしていた、テッドと認知症にんちしょうのおばあちゃんは、逃走中とうそうちゅう銀行強盗ぎんこうごうとうらしい人物じんぶつってしまい、
テッドだけ人質ひとじちにされれていかれてしまいます。おばあちゃんをひとりのこ心配しんぱいなテッド。
むかし、おばあちゃんにおしえてもらったことを思い出しながら、げる方法をを考えます。
この事件じけんをきっかけに、認知症にんちしょうのおばあちゃんとの接し方について気づく、テッドのお話です。



介護施設かいごしせつで働く人たち』 (実用書)
松田 尚之まつだ なおゆき/さく ぺりかんしゃ

おすすめ年齢:中学生
介護施設かいごしせつで働くいろいろな職種しょくしゅ紹介しょうかい
介護施設かいごしせつの現場としくみ、実際に介護施設かいごしせつで働く人たちのインタビューもあり、よりくわしく知ることができます。
また、「認知症にんちしょうケア専門士せんもんし」についてもっています。




予約・検索 過去