図書館のつかい方


 1. カードの作り方

大和市やまとし図書館としょかん・学しゅうセンター図書室としょしつで 本などをかりたり、『よやく』をしたりするには、「りようしゃカード」が ひつようです。

  • 大和市やまとしにすんでいるか、大和市やまとしの学校に かよっている人、あつぎ市・あやせ市・いせはら市・えびな市・さがみはら市・ざま市・はだの市・ふじさわ市・あいかわ町・きよかわ村・よこはま市(※1)・まちだ市(※2)にすんでいる人は カードを作ることができます。(※1、※2にすんでいる人は『よやく』『リクエスト』ができません)
  • かならず、カードを作る本人が 図書館としょかんに来てください。
     「かし出しとうろくひょう」に ひつようなことを書いて(小学生までの お子さんは、おうちの人に書いてもらうこともできます)、お名前、おたん生日、じゅうしょが分かるもの(学生しょう、ほけんしょうなど。コピーしたものはつかえません。)を 見せてください。※小学生までの お子さんで じゅうしょなどが分かるものを もっていない場合は、おうちの人に書いてもらった「じゅうしょしょうめいしょ」を出してください。
  • ※カードを作る本人が どうしても 図書館としょかんに来られない場合 かわりの人におねがいすることができます。
    そのときには、「だいり人せんにんとどけ」と、本人・かわりの人のそれぞれの お名前、おたん生日、じゅうしょが分かるものが ひつようです。
  • 本をかりるときは、かならず 「りようしゃカード」を もって来てください。
  • 「りようしゃカード」は、大和市やまとしのぜんぶの図書館としょかんと、学しゅうセンター図書室としょしつで つかうことが できます。
  • 「りようしゃカード」は、カードにかいてある お名前の人だけが つかうことができます。お友だちにかしたり、お友だちの本をかわりに かりることはできません。
  • 「りようしゃカード」の『ゆうこうきげん』は 5年です。カードを作ってから5年たつと 『こうしん』の手つづきがひつようです。『こうしん』のときには、また、お名前、おたん生日、じゅうしょが分かるものを見せてください。
  • 「りようしゃカード」をなくしたときは、カウンターで「ふんしつとどけ」の手つづきを してください。かわりの 「かりカード」を おわたしします。こちらも、お名前、おたん生日、じゅうしょが分かるものが ひつようです。1ヶ月たっても 「りようしゃカード」が見つからなければ あたらしいカードを作ることができます。「かりカード」といっしょに お名前、おたん生日、じゅうしょが分かるものを 見せてください。
  • お名前、じゅうしょ、電話番ごうなどがかわったときも、かわったことが分かるものといっしょに、「へんこうとどけ」を出してください。

  •  2. あいている時間とお休みの日

    渋谷図書館しぶやとしょかんの、本のかし出し時間は あさ9:00からよるの9:30までです。
    なお、『よやく』した本のうけとり、本のしつもんやリクエストなど、カウンターでのうけつけは よる9:15までです。
    お休みの日は その月のさいごの月曜日(さいごの月曜日が しゅく日の時には その1週間前の月曜日がお休みです)と、年まつ年し(12月29日から1月3日まで)です。

    そのほか、たてもののお休みなどで 図書館としょかんもお休みになることがあります。
    また、大和市やまとしのほかの図書館としょかん・学しゅうセンター図書室としょしつは、渋谷図書館しぶやとしょかんと、あいている時間やお休みが それぞれちがいますので、かくにんしてから 行くようにしてください。

     3. 本をかりる

     かりられる日数と本のさっ数

  • 本をかりるには「りようしゃカード」がひつようです。「りようしゃカード」は、カードに書いてある お名前の人だけが つかうことができます。お友だちにかしたり、お友だちの本を かわりにかりることは できません。
  • 2週間、かりることができます。
  • 10さつまで かりることができます。
  • 本は「自どうかし出しき」でかりることができます。 ※『よやく』の本は カウンターでかりてください。
  • 図書館としょかんの中でしか読めない本(禁帯出本きんたいしゅつぼん)もあります。 また、ざっしの 一番新しいものは、次のざっしが はつばいされるまで かりることができません。

     おなじ本をもういちどかりる・かし出しのきげんをのばす

  • かえす日にちが まだ来ていない本は、かし出しのきげんをのばす『えんちょう』の手つづきができます。
  • もういちどかりたい本と 「りようしゃカード」をもって、カウンターまで来てください。
  • 『えんちょう』は、電話やインターネットでもできます。電話やインターネットの場合は、1かいだけ、手つづきした日から 2週間のばせます。
    ※つぎの人の『よやく』が入っている本、ほかの市の図書館としょかんからかりた本(ビニールのカバーがかかっている本)については 『えんちょう』ができません。
  • 図書館としょかんの本は、みんなでつかうものです。
    おなじ本を ひとりの人が ながい間 ずっとかりていることが ないようにしましょう。

     4. 本をかえす

  • 本は 図書館としょかん図書室としょしつのカウンターにかえしてください。
  • 図書館としょかん図書室としょしつがしまっているときは たてものの入口にある「図書へんきゃくポスト」をつかってください。
  • 大和市やまとしのぜんぶの図書館としょかんと、学しゅうセンター図書室としょしつや、えきなどにある「図書へんきゃくポスト」でも かえすことができます。
    ※「図書へんきゃくポスト」のばしょは『図書へんきゃくポスト一らん』でかくにんできます。
    ※「図書へんきゃくポスト」にかえした本などは、図書館としょかん図書室としょしつで『へんきゃくしょり』をするまでは『かし出し中』のままになります。
  • 本をかえす日にちは、かならずまもりましょう。

     5. 本を『よやく』する

    読みたい本などが かし出し中、または 大和市やまとしのほかの図書館としょかん図書室としょしつにある場合、図書館としょかん図書室としょしつにある 「本のけんさくき」(OPACオパック)や、おうちのパソコンなどの インターネット(WebOPACウェブオパック)から 『よやく』ができます。
    『よやく』をするには、『パスワード』がひつようです。

     じゅん番よやく

  • 『よやく』した本で 上・下かんになっているものや シリーズの本を 『じゅん番よやく』すると 読みたいじゅん番で かりることができます。
  • 『よやく』する時、「リクエストカード」を出す時に うけとるじゅん番を きめることができます。

     6. 本を『リクエスト』する

     リクエスト

    読みたい本などが 大和市やまとし図書館としょかん図書室としょしつにないときは、
    「リクエストカード」に本のタイトルや、書いた人の名前などと、自分のお名前、れんらくほうほう、「りようしゃカード」の番ごうなどを書いて カウンターへ もって来てください。
    ほかの市の図書館としょかん図書室としょしつからかりるか、新しく本を買って かし出しします。
    ※かりられるまでには 時間が かかります。
    ※かりることができない場合も あります。

  • 『よやく』・『リクエスト』できるのは、1まいのカードで 15さつまでです。
  • 『よやく』・『リクエスト』した本は 大和市やまとしのどこの図書館としょかん図書室としょしつでも うけとることができます。
  • じゅんびができた 『よやく』・『リクエスト』の本は、れんらくがいらない場合は 図書館としょかん図書室としょしつに本がよういできた日から1週間、電話や メールでのれんらくは れんらくが来た日の つぎの日から1週間(図書館としょかん図書室としょしつのお休みの日をのぞく)おいておくことができます。
  • 1週間をすぎてしまうと、本はつぎの『よやく』の人や その本があった図書館としょかん図書室としょしつに もどってしまいますので はやめにとりに来てください。

     『よやく』・『リクエスト』できないもの

  • 図書館としょかんの中でしかよめない本(禁帯出本きんたいしゅつぼん
  • まだ はつばいされていない本や ざっし
  • もんだいしゅう、学しゅうさん考書など
  • 大和市やまとし図書館としょかん・学しゅうセンター図書室としょしつで おいていないまんが
  • CD、DVDなど
  • 【ちゅうい!】よこはま市、まちだ市にすんでいる人は 『よやく』『リクエスト』ができません。

     7. パスワードについて

    『パスワード』をつかうと、「本のけんさくき」(OPACオパック)や、おうちのパソコンなどの インターネット(WebOPACウェブオパック)から いろいろなことができます。

  • いま かりている本の タイトルや かえす日のかくにん
  • かし出しのきげんの『えんちょう』
  • 『よやく』のもうしこみ
  • 『よやく』した本の タイトルなどのかくにん
  • また、メールアドレスを とうろくすると、『よやく』した本などが じゅんびできたというれんらくを、メールでうけとることができます。

     パスワードのとうろくほうほう

  • 「りようしゃカード」を作るときに、『かりパスワード』を おわたしします。
  • 『よやく』などをつかうためには、『かりパスワード』から『本パスワード』へ かえるひつようがあります。
    「本のけんさくき」(OPACオパック)や、おうちのパソコンなどの インターネット(WebOPACウェブオパック)をつかって かえてください。
  • 『パスワード』をわすれてしまった場合、図書館としょかんでは分かりませんので、『さいはっこう』がひつようです。 「りようしゃカード」と、お名前、おたん生日、じゅうしょが分かるものをもって カウンターに来てください。
  • ※「本のけんさくき」(OPACオパック)や、おうちのパソコンなどの インターネット(WebOPACウェブオパック)をつかうときは、ほかの人の『よやく』が入ってしまったり、ほかの人に見られたりしないように つかいおわったらかならず『ログアウト』をしてください。

     8. そのほかにできること

    レファレンスサービス

    図書館としょかんでは、生活の中で ふしぎに思ったことや 学校のじゅぎょうや しゅくだいなどでの しらべものの お手つだいをしています(『レファレンスサービス』といいます)。
    「こんな本をさがしている」、「知りたいことをどうやってしらべたらよいか分からない」という時には、図書館としょかんの人にきいてみてください。

     コピーサービス

  • 図書館としょかんの本などは、『ほうりつ』できめられたルールの中で コピーすることができます。(ただしお金がかかります)
  • コピーをしたいときには、カウンターで「ふくしゃもうしこみしょ」にお名前などを書いて、もうしこんでください。
  • コピーできる まい数などは 何をコピーするかによってかわります。また、自分でもってきた本などは、図書館としょかんではコピーできません。

  • 著作権法第23条(公衆送信権等)
    第二十三条 著作者は、そ の著作物について、公衆送信(自動公衆送信の場合にあつては、送信可能化を含 む。)を行う権利を専有する。

    2 著作者は、公衆送信されるその著作物を 受信装置を用いて公に伝達す権利を専有する。